【アトピスマイル】界面活性剤の成分は天然由来。安全なクリームをお探しですか?

アトピスマイルに界面活性剤が含まれている理由

日本化粧品工業連合会によると、「界面活性剤は、化粧品の使用感触を良くしたり、水と油の分離を防ぐ界面活性剤の作用を利用して効果のある成分を入れたり、さらに中身を安定した状態に保つといった重要な働きをしています。」という記載があります。界面活性剤は、化粧品をつくるときには欠かせない成分なんですね。
界面活性剤と聞くと洗剤を思い浮かべてしまうかもしれませんが、成分中に含まれる界面活性剤は実際にはどのような成分が入っているか公式サイトに質問してみました。すると、このように丁寧なご回答をいただきました。

「アトピスマイルクリーム」がお肌に合い、お役に立てているようで嬉しく思います。
ご質問の界面活性剤ですが、以下の成分が配合されておりますのでご確認ください。

・ショ糖脂肪酸エステル =植物由来の界面活性剤
・モノステアリン酸ポリグリセリル =植物由来の界面活性剤
・N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム
=微生物発酵で得られたグルタミン酸ナトリウムと、植物から得られる界面活性剤

いただいた回答のとおりアトピスマイルに含まれる界面活性剤はすべて天然由来の成分とのことでした!

私自身、とても肌が弱くガス代を掃除するスプレーに触れるとすぐに肌荒れを起こしてしまうくらいなのですが、アトピスマイルは塗っても平気だったので手荒れ用ハンドクリームとしていつまでも使えそうですね♪

↓【公式サイト】アトピスマイルを送料無料で買える限定ページはこちら

アトピスマイルを口コミ! 管理人のレビューはこちら

>>アトピスマイルの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です