アトピスマイルを顔に使う前に、肌質と相談すべき3つのこと

アトピスマイルを顔に塗るときは乾燥しているところだけに!

アトピスマイルクリームの成分中にはホホバ油、オリブ油が含まれているため、塗ってみると油分があります。

さらに、はっきり油分がわかる瞬間がアトピスマイルクリームを塗ってから手を洗ったとき。普通にちゃっちゃと洗っただけでは落ちないので、キレイキレイを使ってあげると油分が落ちてくれます。

この油分は保湿ケアにはマストなものですが、油分が多いということは塗る場所を誤ったりすると顔の皮膚トラブルを引き起こす原因にもなります。

そこで今回は、アトピスマイルを顔に使う際に注意したいことを3つ解説したいと思います。

アトピスマイルを顔に塗るときの注意したい3つのこと

顔のなかで皮脂の多い部分には気をつけよう

たとえば「おでこや鼻は乾燥してない。むしろ脂っぽい」というようなオイリー肌と乾燥肌の混合肌の方は要注意! 油分を含むアトピスマイルを顔の脂っぽいところに塗ると、ニキビができる可能性もあります。

アトピスマイルは乾燥肌に特化したクリームですので、顔の中で脂っぽいようなところには塗らずに乾燥しているところだけに塗るとニキビを防ぐことができますよ。

以下は公式ページの見解になります。

Q5.アトピスマイルクリームやアトピスマイルボディローションは顔に使っても良いですか?

全身にご使用いただけますので、お顔にもご使用いただけます。
ただし、基本的にはボディ用に油分量などを調整しておりますので、お顔につけられる際には皮脂分泌の多い、Tゾーンなどにはうすく塗りながら調整していただくことをおすすめします。
一般的にお顔のお手入れには、ライースリペア、ライースアクティブなどをおすすめしております。

アトピスマイルについて | ライスパワーショップ よくあるご質問より引用

顔のある部分だけ乾燥がひどい、というような症状の方はお気をつけください!

顔全体に塗らないこと

さきほども書いたように、面倒だからといって顔全体になじませるのはもともと皮脂が多い部分にも塗ってしまうことになりますのでニキビができる原因に。

顔全体に塗る前に、指で顔の油分を確かめてからアトピスマイルを塗るよう心がけましょう。

乾燥肌の部分は塗る量を気持ち多めに

部分部分に塗ることで量の節約ができますが、決してケチらず、乾燥している肌には惜しみなく使ってあげましょう。お肌を大切にすることは、乾燥肌を克服するための近道になります。

まとめ

アトピスマイルを顔に塗るときに気をつけたいことは油分の多い箇所には塗らないことが大切です。

実際に塗るときはみなさんのお肌のコンディションと相談しながら塗っていきましょうね♪

↓【公式サイト】アトピスマイルを送料無料で買える限定ページはこちら

アトピスマイルを口コミ! 管理人のレビューはこちら

>>アトピスマイルの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です